WEB予約
LINE
045-719-5112
  • 〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町516-5 3F
MENU

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査|東戸塚駅前なかやまクリニック
|内視鏡内科・内科・心療内科

OGD

上部消化管内視鏡検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは

胃カメラ検査は、口や鼻から先端にカメラが搭載された約5mmの太さの内視鏡スコープを飲み込み、食道や胃・十二指腸を直接観察する検査です。胃カメラ検査では直接消化管内を観察する為、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎をはじめとした様々な消化器系の病気を診断することが可能です。必要に応じてピロリ菌の検査や組織をとって病理検査を提出することが出来ます。また、内視鏡治療の技術が進歩していますので、早期であれば胃がん、食道がんだけでなく咽頭がんまでも内視鏡で切除することが出来る時代になりました。定期的に受けていただけると、内視鏡で切除できる時期にがんが見つけることができます。過去に辛くて苦しい思いをされた方もおられると思いますが、当院では患者さんが安心して胃内視鏡検査を受けていただけるよう様々な配慮を施しております。

当院の胃内視鏡検査

1

苦しさや痛みに配慮した胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は辛い検査であると思われることが多かったですが、それは舌の付け根部分にスコープが触れることで、嘔吐反射(おえっとなる反射のことです)を引き起こしてしまいます。胃内視鏡検査が「ツライ、苦しい検査」と思われている理由です。当院で使用するスコープは極細(約5㎜)のものです。飲み込むときに「おえっ」とならないように、どこにも引っかからないように工夫して丁寧に挿入するので、のどや身体に不要な力が入りにくくなり、楽に検査を受けていただけます。嘔吐反射が少ないことにより、検査中に呼吸を合わせて観察することが可能となります。

2

リラックスして検査をお受けいただきます

胃内視鏡検査を受ける方は緊張し不安も強くなっています。検査室に入ったとたんに緊張や不安はさらに強くなると思います。当院の内視鏡室は、患者さんが安心できるように工夫したつくりになっており、緊張をやわらげるためのアロマも併用しております。検査前から医師と看護師が明るく声掛けして緊張感を除き、少量の鎮静剤(緊張を和らげ眠くなる)も使用します。医師の声を聴いてゆっくりと呼吸を繰り返しているうちに緊張感は取れていき体の力が抜けていきますので、リラックスしていただき安心して検査を受けることができます。胃内視鏡で苦しい思いをされた人もたくさんいらっしゃると思います。そんな人こそ、ぜひ当院で検査を受けていただきたいと思っています。

3

鎮静薬を使用した胃内視鏡検査も可能です

鼻からの胃カメラ検査でも嘔吐反射が強い患者さんに対しては、検査の苦痛を緩和させる為に、当院では鎮静薬を使用した「眠ったまま受けられる胃内視鏡検査」も受けることができます。鎮静薬の使用により眠くなり、のどや身体の力が抜けることで、検査中の苦痛が軽減されます。検査後は目を覚ますための拮抗薬を使用し、鎮静薬の効果が切れるまで回復室で休憩することが可能ですので、ご安心してご帰宅できます。歯磨き時に嗚咽感を感じてとても不安な方は鎮静薬を使用した胃内視鏡検査も推奨しています。

4

感染症に配慮した安心できる胃内視鏡検査

内視鏡機器は患者さんの体内に入れる器械ですので、検査後の内視鏡は粘液や血液が付着しています。内視鏡は繰り返し使用される為、検査後に確実な洗浄を行い、血液や粘液を完全に除去する必要があります。当院では日本内視鏡学会ガイドラインに則った高規格洗浄を行い、内視鏡処置具は超音波洗浄と高圧蒸気滅菌を行っております。粘液、血液を介して感染する細菌、ウイルスはすべて除去されますので、ご安心して検査を受けていただけます。

胃内視鏡検査でわかる疾患

逆流性食道炎

胃酸が食道内に逆流することで、食道内が炎症を起こす疾患です。よくみられる症状として「胸焼け」「胃もたれ」「口が苦い感じ」「のどの違和感」などがあります。多くの場合は薬物療法で改善します。

食道がん

食道に発症するがんで、「のどがしみる感じ」「のどのつかえ感」などの症状がよくみられます。飲酒や喫煙の習慣がある方ではリスクが高くなります。咽頭や喉頭などの耳鼻科領域にがんがある方では食道にも重複してがんが出来る可能性があります。また欧米で多いタイプの食道がん(バレット食道がん)では胃酸の逆流などの炎症が原因となることもあります。早期の食道がんの状態で発見できると内視鏡での治療も可能となります。

胃潰瘍

胃痛を伴うことが多いですが、その他の症状として「胃もたれ」「吐き気」などの症状を引き起こすこともあります。治療が遅れると出血が続くことで貧血を招くこともあり、稀に胃に穴があくこともあります。潰瘍から出血した場合には黒色便がみられます。ピロリ菌感染や、痛み止めなどの薬剤が原因となります。多くの場合は薬物療法で改善します。

十二指腸潰瘍

空腹時の胃痛が特徴的です。治療が遅れると出血が続き貧血を招くこともあります。潰瘍から出血した場合には黒色便がみられますが、大量に出血した場合は暗赤色便がみられることもあります。出血した場合には胃潰瘍よりも止血が困難となる場合があります。また、十二指腸は比較的薄い膜で覆われており穴が開きやすいので注意が必要です。ピロリ菌感染や痛み止めなどの薬剤が原因となります。多くの場合は薬物療法で改善します。

ピロリ菌

胃の中で発見される細菌で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなど様々な消化器の疾患を引き起こす原因となります。またMALTリンパ腫(悪性リンパ腫の一つ)に関与していることもあります。ピロリ菌に感染していることが分かると、除菌治療を行う必要があります。

胃内視鏡検査の流れ

1

検査予約

胃内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診していただきます。医師による診察ののちに予約します。服用中のお薬を確認させていただきます。血液をサラサラにする薬を内服されている方は、必要に応じて検査数日前よりストップさせていただきます。

2

検査前日

夕食は21時までに済ませてください。お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

3

検査当日

・常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
・糖尿病の方は検査当日の朝の薬は服用しないでください。
・お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。

4

検査

ストレッチャーに横になっていただき、のどに麻酔のスプレーをして、少量の鎮静剤を注射しリラックスした状態で検査を行います(鎮静剤を希望しない場合は鎮痛剤のみ注射します)。
※検査時間:約10分

5

検査後

検査終了後はリカバリールームで休んでいただき、医師より検査結果の説明があります。鎮静剤を使用した場合は検査後の車の運転はできませんのでご注意ください。

胃内視鏡検査の費用

保険診療
胃内視鏡検査(胃カメラ)(観察のみ) 約6,000円
胃内視鏡検査+組織検査(ピロリ菌検査を含む) 9,000円~12,000円

※税込み