WEB予約
LINE
045-719-5112
  • 〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町516-5 3F
MENU

一般内科・消化器内科

一般内科・消化器内科|東戸塚駅前なかやまクリニック
|内視鏡内科・内科・心療内科

Internal medicine

一般内科

このような症状の方はご相談ください

一般内科では、皆さんが日常生活の中で比較的遭遇しやすい症状や病気を診療します。下記に代表的な症状や病気を並べてみましたが、「何科に相談したらいいかわからない」などでお悩みの方もお気軽にご相談ください。

  • 発熱や咳、痰、鼻水、のどの痛みなど
  • 呼吸がゼーゼーする、息苦しい、咳だけが長く続く
  • 頭痛やめまい、立ちくらみがする
  • 胸が痛い、動悸がする、息切れしやすくなった
  • 食欲がない、最近疲れやすい、体重が減ってきた
  • 花粉症、蕁麻疹、喘息などのアレルギー
  • トイレが近い、排尿時の痛み、血が混ざる
  • 湿疹がでる、皮膚が乾燥してかゆい
  • 夜眠れない
  • 足がむくむ

風邪

風邪

鼻やのどに細菌やウイルスが感染し、痛みや炎症を起こすことがあります。主な症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱などで、原因の9割以上がウイルスによるものです。くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどのいがらっぽさなど、鼻やのどの粘膜の異常が顕著にみられます。

発熱外来

発熱外来は完全予約制です。
発熱のある方は、まずお電話をお願いします。

昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的な蔓延に際し、私たちの生活の中で感染症に対する意識や行動変容が必要となっております。当院では患者さんに安心して通院いただけます様に、37.5度以上の発熱がある患者さんは、感予防のため直接にご来院いただいても診察はできません。お電話にて特殊外来(発熱外来)と称して完全予約制にて受付いたします。当院では現在、コロナウイルスのPCRと抗原検査は行っていません。

インフルエンザ

インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病はその名の通り、生活習慣が原因になっている病気の総称です。悪化していても、自覚症状のない「沈黙の期間」が長く続くため、そのまま放置しがちです。当院では、患者さんのご希望を聞きながら、どのようなことに気を付けて、いつまで様子をみるのか、それともすぐに薬が必要なのかを丁寧に説明し、納得いただける方向性を一緒に考えていきたいと思います。

代表的な生活習慣病

高血圧

高血圧

日本で高血圧の方は4,300万人と、生活習慣病の中では最も患者数が多い病気です。一方で、高血圧なのに治療を受けていない有病者の数は1,850万人いると言われています。高血圧は、脳卒中(脳梗塞、脳出血)、心臓病、腎臓病など、寿命を大きく左右する病気の原因となります。重症の高血圧の場合、脳卒中には8.5倍、軽症でも3.3倍もかかりやすいという研究結果があります。

脂質異常症(高コレステロール、中性脂肪)

脂質異常症(高コレステロール、中性脂肪)

血液中にコレステロールが増えると、血管の内壁に沈着してこぶを作り、血管がかたくなります。これが動脈硬化です。動脈硬化が進むと血管の中が狭くなって血流が悪くなったり、こぶが破れて血栓と呼ばれるかたまりが心臓や脳に流れていき、心筋梗塞、脳梗塞の原因となります。

糖尿病

糖尿病

糖尿病になると、糖が血液中に溢れ返ってしまいます。高血糖がつづくと、血管を傷つけ、血管障害、動脈硬化が進行します。さらに厄介なのは「合併症」です。特に、三大合併症と言われる、網膜症、神経障害、腎症は注意が必要です。

高尿酸血症(痛風)

体の中で尿酸が過剰になると、針状の尿酸塩の結晶ができ、体のあちこちの関節に溜まって、炎症や痛みを引き起こします。これが痛風で、足の親指の付け根を中心に腫れあがります。また尿路結石や腎障害を引き起こす原因にもなります。

Gastroenterology

消化器内科

よくある症状

消化器内科は食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管から肝臓・胆嚢・膵臓など、幅広い臓器を専門的に診る診療科です。“お腹の不調・便の異常”がある場合は気軽にご相談ください。

代表的な疾患

食道

胃・十二指腸

大腸

肝臓

肝障害
B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎、薬剤性肝障害、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝などが原因となります。B型肝炎やC型肝炎ウイルスの持続感染や非アルコール性脂肪肝炎などで慢性的に炎症が続いた場合、肝細胞がん発生リスクが高くなります。
肝硬変
肝硬変の状態になると肝臓が変形してしまい、肝機能も元通りには戻らなくなっていきます。肝硬変はさらに進行すると肝不全となり、また食道・胃静脈瘤による吐血、腹水貯留による腹部膨満や足の浮腫、肝性脳症による意識障害などの合併症を来すこともあるため、生活指導を含めた定期的な管理が必要となります。

胆嚢

胆石(胆のう結石症)
一般的に胆石と呼ばれているのは、胆のう内に結石が出来る胆のう結石症のことです。健診などで偶発的に見つかることも多く、症状がない場合には経過観察されることが多いです。腹部超音波検査や腹部CT検査で診断を行います。

膵臓

急性膵炎
大量のアルコール摂取や胆石が膵管の出口を塞ぐことで膵臓に炎症が起こり、上腹部や背部に激しい痛み、嘔吐をきたします。
膵臓がん
90%以上は膵管に出来る膵管がんであり、他には神経内分泌腫瘍や膵管内乳糖粘液性腫瘍などがあります。